Who am I?

エバンズマラカイって何者?なんで日本にいるの?なんで恋愛リアリティショーに出たの?東京にいるの?何が好きなの?などなど多くの疑問を持っている人もいるかと思うから、長くなりすぎないように自己紹介しましょ!

The Lord is my light and my salvation— whom shall I fear? The Lord is the stronghold of my life— of whom shall I be afraid? Psalm 27:1

主はわたしの光、わたしの救いわたしは誰を恐れよう。 主はわたしの命の砦わたしは誰の前におののくことがあろう。詩篇27篇1節

両親が宣教師としてオーストラリアから北海道に移住。

北海道北広島市にマラカイ誕生。(当時は札幌郡広島町)

他のみんなと変わらず北広島・札幌の幼稚園〜大学まで通い、2018年3月に北星学園大学卒業。

北海道庁スポーツ局で通訳として勤務。ジュニア選手育成事業やラグビー7s世界大会企画運営などに携わった。

各チームに1人しか割り当てられないオフィシャルチーム通訳に選ばれ、入国から大会終了までフィジー代表と帯同し通訳などを行う。(スポーツが与える感動にはまり、スポーツのお仕事をしたいと強く思うようになった)

10月に配信開始された恋愛リアリティショー「バチェロレッテ・ジャパン シーズン1」に参加。当時23歳であり、自分が受かるはずがないと思いつつ、素敵な方だなと思い応募してみたら受かり、最後の5人まで残る。配信開始のタイミングで上京し、初めて北海道の外で生活をした。

タレント活動やモデル活動を行っていく中で、自動車の大企業やビール会社のCMにも出させていただいたが、何回もある理由で仕事が断られるようになった。それは、足のサイズが33cmとデカすぎて、撮影で履く靴を準備できないということでした。これからどうしようかと悩んでいるとき、Local Dream Productionという「声」専門の事務所の社長と繋がり、自分の中で「これだ!」と思いすぐに所属を決定。

しかし、コロナ真っ只中でイベントなども相次いでキャンセルとなり、マイクを握る機会が一度も来なかった。(東京オリンピックのMCも決まったが、無観客で行うとなり、これも流れてしまった)そんな中、事務所の社長が元々長年アリーナMCをしていた仙台のプロバスケチーム、仙台89ersからオファーをいただき、2021-22シーズンよりアリーナMCとして声の仕事をスタート!(非公式ではあるが、おそらくBリーグ歴代最年少アリーナMC。当時25歳)

家族の近くにいたい、自然に帰りたい、などいくつかの理由により東京から北海道に拠点を戻した。(現在も北海道が拠点)

MCを始めた初シーズンでチームがB2プレーオフ準優勝しB1昇格!(人前でマイク握ったことなくてMCはボロボロだったけど、少しずつ自分の世界観を作ることができ、自信はついてきたが、B1となるとレベルが違いすぎて、なまら緊張しました笑)

89ersでの2シーズン目も終わり、イベントや結婚式のMCもするようになり、もっとMCやりたい!って思ってた時に大事件が。。。実家のある北広島に突如現れた日本ハムファイターズの新本拠地「エスコンフィールド」。試合も何もない日に家族でフードコートで夕食を食べていたら「ウェーアーユーフロム??」と知らない方から話しかけられた。話が長くなるから短くするけど、結論この方がファイターズの演出を担当されている関係者の方で、数週間後に「7月から土日限定でDJをやってみない?」とお誘いを受けた。

日本ハムファイターズで初DJ。
(※野球ではスタジアムDJと言われているが、音楽関係は操作していません!笑 プロ野球ではMCの仕事をする人のことをDJと呼んでいる
だけです。)

ニューヨークの通信大学を卒業し、「ヘルスコーチ」の資格を取得。(詳細に関しては後日アナウンスします!)

このサイトを作成している1月半ば、89ersの3シーズン目のど真ん中、そして来シーズンのファイターズのDJが決まっている中、日本では数人しかいないバスケと野球の同時MCとして、そしてもっとみんなに僕の「声」を届けられるよう、今年も頑張ります!

マラカイの趣味・特技

アウトドア、キャンプ、歌、アコースティックギター、ラグビー、バスケットボール、ハンバーガー屋巡り、スターバックス巡り、トレーニング、ロッククライミング、スポーツ観戦(バスケ、サッカー、ラグビー、格闘技など)、乗馬、コールドプランジ(水風呂)、サウナ

資格・免許

自動車免許、TOEIC970、英検1 級、漢検3 級、IINヘルスコーチ